公社債の発行市場:証券業務入門講座

« 株式について | 証券業務入門講座トップページ | 公共債の発行方法 »

スポンサードリンク

公社債の発行市場

公社債の発行

 公社債の発行市場は、資金の需要者で債券の発行者である国、地方公共団体、企業等と、資金の供給者で債券の取得者である投資家および仲介者としての証券会社、銀行によって構成されています。
 公社債の発行方法には、直接発行と間接発行の2つの方法があります。
▲先頭へ戻る

直接発行

 発行者みずからが発行手続き、募集事務を行う方法です。

   ①直接募集…直接募集は、引受会社や受託会社を通さず、発行者みずから直接に応募者から募集する方法です。商法の規定は、この直接募集を中心としていますが、この方法では、当初定めた募集総額に応募額が達しなかった場合に、社債不成立となるおそれがあります。
 したがって、直接募集は巨額の募集には適せず、私募形式による比較的小規模な起債に限られています。

 ②売出発行…売出発行は、発行総額をあらかじめ確定することなく、発行者が一定期間を定めて投資家に直接売出を行い、その期間中の売出総額を発行総額とする方法です。通常の社債は、この方法による発行は認められておらず、特別法によって金融債がこの方法で発行されています。
▲先頭へ戻る

間接発行

 発行者が仲介者を通じて債券の募集を行う方法です。

 ①委託募集…委託募集は、発行者が第三者(募集の受託会社)に債券の募集を委託する方法です。ただし、受託会社には応募不足額を引き受ける責任がないため、総額について応募がない場合に社債不成立となるおそれがあり、実際には、次の引受募集との組み合わせで行われることが多くなっています。
 ②引受募集…発行者が引き受け会社に募集を委託し、さらに応募額が募集総額に達しない場合に、その残額を引受させる方式で、請負募集、残額引受方式とも呼ばれます。公社債のほとんどは、この方法により発行されています。
 ③総額引受…発行者が特定の第三者に債券の総額を一括して引き受けてもらうことにより債券を成立させる方法です。ただし、銀行などの金融機関は、売出の目的をもって公共債以外の債権を引き受けることが禁じられているため、投資の目的をもってする総額引受しか行えません。
▲先頭へ戻る

公社債の発行条件①表面利率

 公社債の表面利率(クーポン・レート)、発行価格、償還期限を、発行条件の3要素といいます。

 表面利率とは、額面金額に対して、毎年支払われる利子の割合のことで、通常、年2回、半年分ずつ支払われます。表面利率は、発行価格に対する割合ではないため、表面利率と利回りはパー発行の場合以外は一致しません。いったん決められた利率は償還期限まで通常は変更されませんので、発行時の市場実勢を基準に慎重に検討する必要があります。
▲先頭へ戻る

公社債の発行条件②発行価格

 公社債の発行価格は、額面金額100円について○○円と表されます。

 ①パー発行…額面金額と同じ価格で発行することで、利付金融債や転換社債がこれに当たります。
 ②アンダーパー発行…額面金額を下回る価格で発行されるもので、通常の債券んはこのケースが多くなっています。
 ③オーバーパー発行…額面金額を上回る価格で発行されるものです。
▲先頭へ戻る

公社債の発行条件③償還期限

 公社債は、その種類によっていろいろな償還期限のものがあります。また、アンダーパー発行の公社債が償還されるときに、発行価格と額面金額との間に生じる差益のことを償還差益といいます。
▲先頭へ戻る

スポンサードリンク

第1章~証券制度~
証券とは~有価証券と証拠証券~
証券市場
証券取引法
第2章~公社債~
公社債について
国債について
政府短期証券について
地方債について
普通社債と私募債
転換社債
新株引受権付社債
金融債と外国債
株式の発行
第3章~株式~
株式について
第4章~証券発行市場~
公社債の発行市場
公共債の発行方法
増資の形態
第5章~証券流通市場~
公社債市場
公社債市場の変動要因
利回り
株式の流通市場
株式相場の変動要因
株式の利回りと株式指標
第6章~短期金融市場~
短期金融市場
短期金融市場の取引形態
第7章~銀行の証券業務~
証取法と銀行法
公共債の窓販業務
保護預かり・国際振替決済制度
公共債のディーリング業務
証券代理業務
公社債元利金支払事務
社債の受託業務
第8章~先物とオプション~
金融先物取引
債券先物取引
株価指数先物取引
オプション取引
第9章~証券の税務~
公社債の税制(個人)
公社債の税制(法人)
個人に対する株式の税制
法人に対する株式の税制
第10章~信託銀行の証券業務~
信託銀行の証券関連業務
財務管理機能を生かした証券業務
特金
ファントラ
証券投資信託
証券投資信託の種類
有価証券の信託
運用有価証券信託
従業員持株信託・有価証券売買代理業務
証券代行業務・投資顧問業務
第11章~その他~
インサイダー取引規制・5%ルール~株券等の大量保有報告~
<用語集>
預貯金に関する用語
預金保険制度とペイオフに関する用語
不良債権に関する用語
年金に関する用語
私募債・CPに関する用語
バブルの発生・崩壊に関する用語
イギリスのビッグバンに関する用語
ヘッジファンドに関する用語
円の国際化に関する用語
手数料・価格の自由化に関する用語
改正外為法に関する用語
外国為替取引に関する用語
外国為替相場に関する用語
ベンチャー向けの金融に関する用語
マネーサプライ重視政策に関する用語
リスク管理に関する用語
為替市場介入と金融市場に関する用語
確定拠出型年金等サービス に関する用語
株価と資産価値に関する用語
株価と収益価値に関する用語
株価のテクニカル分析に関する用語
株式に関する用語
株式投資に関する用語
株式派生商品に関する用語
株主重視経営に関する用語
業務範囲の拡大、デリバティブに関する用語
金融に関する用語
金融システム安定化に関する用語
金融ビッグバンの背景に関する用語
金融機関に関する用語
金融機関の専門化に関する用語
金融機関の相互参入に関する用語
金融機関の総合化に関する用語
金融工学に関する用語
金融再生法に関する用語
金融再編成に関する用語
金融市場に関する用語
金融政策に関する用語その1
金融政策に関する用語その2
金融調節に関する用語
金利に関する用語
金利の決定要因と利回りカーブに関する用語
経営の危機に関する用語
企業の合併・買収に関する用語
国債、地方債、政府保証債 に関する用語
国債管理政策に関する用語
国際金融危機に関する用語
国際金融機関に関する用語
国際金融市場に関する用語
国際通貨制度に関する用語
債券投資に関する用語
資産運用に関する用語
自己資本比率規制と早期是正措置に関する用語
社債に関する用語
借入に関する用語
準備預金制度に関する用語
消費者金融に関する用語
証券化商品に関する用語
信用秩序に関する用語
新型社債に関する用語
新型保険に関する用語
新型預金に関する用語
生命保険商品に関する用語
貸付信託等に関する用語
短期金融商品に関する用
中小企業金融に関する用語
直接金融と間接金融に関する用語
電子マネー・カードサービスに関する用語
土地価格に関する用語
投資信託に関する用語
投信型新サービス・新型投資信託に関する用語
日銀の短期金利誘導政策に関する用語
日銀政策委員会に関する用語